引越し手続きはお早目に

早くやった方が楽です。

私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験していま

time 2016/01/12

私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。
引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、何回やっても荷作りには手間取るものです。
そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが荷物が丈夫になり、運びやすくなります。
スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは強度の差は歴然としています。途中で荷物が壊れないようにするためにも、使うことを強くすすめます。家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。
そして、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。
引っ越し作業についての料金は、それはそれで払うわけですが、長い時間働いてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。
私の場合、ペットボトルを作業してくれた全員に一本ずつ、それと各人に千円ほどを手渡しておりますが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。
引っ越しの市場価格は、ざっと決まっています。
A社並びにB社において1.5倍も異なるというような事は存在しません。勿論、同様なサービス内容という事を前置きにしています。
結論として、相場より価格が低かったりするのは、その日のトラックや作業員が暇であったりするケースです。
私が住み替えたアパートはペットが飼育できないアパートです。
しかし、近頃、お隣から猫の鳴き声が感じ取れるように感じ取りました。
大家さんもそれを確認しており、幾度となく忠告をしたようですが、「飼養していない」と言うばかりで困ってます。
引越しの前日にする項目で忘れないようにするのは、冷蔵庫の排水です。
排水の仕方が分からない人はとりあえず冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。
言うまでもなく、中にものを入れてはいけません。
そうしなければ、当日冷蔵庫が運べないかもしれません。引越し先で近所の家へ挨拶に行くのなら、引越しをしたその日に挨拶した方がいいと思います。荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、しっかりと挨拶をしておきましょう。
引越しを始める前に、ちょっとだけ挨拶をしておくのもいいかもしれません。どちらにしても、可能な限り早めに挨拶に行った方が、近所付き合いがうまくいきます。
引っ越しは何度もしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。
実は自分の作品だったので、衝撃は大きかったです。ですが、お金に換えられるものではないし、クレームを入れたりはしなかったです。これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。
家中のものを引っ越しのために整理していると、不要品は必ず出てきます。
様々なものを処分するのは大変です。
こんな時に朗報があります。
引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。電化製品などは、業者によってはお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルといった名目をつけてただで引き取ってくれることもあるので、問い合わせるだけの価値はあります。
引越しをプロに依頼する場合、布団は一体どうしたらいいの?と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、これは事前にチェックしておくべきでしょう。
多数の場合、引越し会社は引越し当日、オリジナルの布団袋を持ってきてくれ、それに入れて汚れることのないように運搬してくれます。
引越しのための荷造りの時に意外と困るのがグラスの梱包方法です。グラスを梱包するにはまずは足の部分から梱包材を巻くことが大切です。パッキング資材とは絶対に専用のものを使わなければいけないということではありません家の中にある新聞紙やタオル等でOKです。
その後、全体をしっぱりパッキングすれば、グラスが割れる恐れなく運ぶことができます。

down

コメントする